2018年1月19日金曜日

Google's Fuchsia OS On the Pixelbook

Our early look at Fuchsia OS last May provided a glimpse into a number of new interface paradigms. Several months later, we now have an updated hands-on with Google's future operating system that can span various form factors. This look at the in-development OS eight months later comes courtesy of Ars Technica who managed to get Fuchsia installed on the Pixelbook. The Made by Google Chromebook is only the third officially supported "target device" for Fuchsia development. As our last dive into the non-Linux kernel OS was through an Android APK, we did not encounter a lockscreen. The Ars hands-on shows a basic one that displays the time at center and Fuchsia logo in the top-left corner to switch between phone and desktop/tablet mode, while a FAB (of sorts) in the opposite corner lets users bring up WiFi controls, Login, and Guest. 

Only Guest is fully functioning at this stage -- at least for non-Google employees. Once in this mode, we encounter an interface similar to the one we spotted last year. The big difference is how Google has filled in demo information and tweaked some elements. On phones and tablets, Fuchsia essentially has three zones. Recent apps are above, at center are controls, and below is a mixture of the Google Feed and Search. The controls swap out the always-displayed profile icon for a Fuchsia button. Tapping still surfaces Quick Settings which actually reflect current device battery levels and IP address. Impressively, Ars found a working web browser that can actually surf the internet. Google.com is the default homepage, with users able to visit other sites through that search bar. Other examples of applications, which are just static images, include a (non-working) phone dialer, video player, and Google Docs. The Google Calendar is notable for having subtle differences to any known version, including the tablet or web app.

 

 

2018年1月18日木曜日

Oracle 18c Autonomous Databaseとはどのようなものか

 近年Oracleはクラウド対応を進めています。オンプレミスのOracle Databaseと同じように、クラウドでもハイブリッドクラウドでも使えることを強みとしてアピールしています。Microsoftの「Data Everywhere」とは同じではないものの、オンプレミスからクラウドへの移行、あるいはハイブリッドクラウドで使いやすいことを重視しているという点では共通しています。

 2017年のOracleといえば最も印象深いのは、10月のOracle OpenWorld 2017で発表された「Oracle 18c Autonomous Database」です。この名称には、次のバージョンを示す「18c」と、「自律的」を意味する「Autonomous」が入っています。同社のラリー・エリソン氏は「完全な自動運用」と豪語したようですが、どこまで自動化できるのか興味津々です。

 大事なポイントとなるのが、「Oracle 18c Autonomous Databaseでは、次期版のOracle DatabaseをOracle Cloudで稼働させることによって、高度な自律性を実現できる」ということです。Oracle Database 18cだけ、つまりオンプレミスでは全ての自律的な機能を享受できません。高いSLAや自動的な運用は、次期版のOracle DatabaseとOracle Cloudを組み合わせることで実現できる世界です。

 2017年12月に日本オラクルが開催したOracle CloudWorld Tokyoで、オラクル・コーポレーションのアンドリュー・メンデルソン氏が詳細を解説しました。


オラクル・コーポレーション オラクル・サーバー担当 エグゼクティブ・バイスプレジデント アンドリュー・メンデルソン氏
 Autonomousは基本的には既存の自動化機能を自動化することで実現していくようです。

 Oracle Databaseには既にリソース管理やチューニングなどで「自動〜〜」と名の付く機能が多く存在します。例えば「Oracle自動ストレージ管理(Oracle ASM)」などです。ただしこうした機能をキックするのは運用管理者です。人間が、機能を理解し、必要なタイミングで実行または有効化してきました。こうした自動化機能を、Oracle Cloudでさらに自動的に機能させることで、「Autonomous(自律型)」を実現していくようです。

 今後は段階的に、Oracle Cloudで「Oracle 18c Autonomous Database」が提供されていくようです。まずはデータウエアハウス向け「Autonomous Data Warehouse Cloud」が2018年1月終盤に登場ということなので、近々となりそうです。メンデルソン氏の説明では分析のワークロードを自動で最適化し、チューニングやパーティション作成が不要になるとのことです。

 その先にはOLTP処理に対応した「Autonomous OLTP and Mixed Workload Cloud」が提供される予定です。データウェアハウスに比べ、OLTPやワークロード混在環境では、自動化のハードルが格段に高くなります。こちらは恐らく提供開始まで半年以上は待つことになりそうです。

 運用管理を経験するとよく分かることですが、データウェアハウス(分析)とOLTPではチューニングですべきことが異なるのです。正反対といってもいいくらいです。将来的には完全自動化を目指すとしても、現段階では利用状況や目的に合わせた自動化を実現していくことになるでしょう。